事前に育て方などを把握してアジサイを綺麗に咲かしてみましょう

flowerスタイル

アジサイを楽しむ

梅雨の時期にアジサイを見つけると、雨で憂うつだった気持ちも多少は晴れやかになるコトはないですか。アジサイには様々な色や形があり、かつ花の色によって花言葉も変わる植物となっています。鮮やかで綺麗なアジサイに出会えるワクワク感を持ちながら、雨が降る外を見てみるとまた違った景色が楽しめるでしょう。

【PR】
梅雨の季節を鮮やかに彩るアジサイの育て方を徹底解説!
梅雨のジメジメした気持ちを払拭できる!

草刈依頼をする!
面倒臭いお庭の手入れを素早く終わらせよう☆

草刈依頼をする☆
料金も安いからお財布に優しい!

アジサイについて知ろう

ガーデニング

日本で育てやすい「アジサイ」

6月はアジサイの花盛りになっています。自然の状態では3月中旬あたりから芽吹き始めて、5月下旬から綺麗に開花します。現在、たくさん流通してるアジサイは元々日本に自生しているガクアジサイなどがヨーロッパで品種改良されたものになります。そのため、日本の気候に適して、非常に育てやすいでしょう。

アジサイの基礎知識

まず、アジサイの花弁のように見える部分は萼(がく)と言って、この花のことを装飾花と呼ばれています。装飾花ではおしべとめしべは退化しています、本来の花は両性花となっており、完全なおしべとめしべがあるのでタネが出来るでしょう。一般的に装飾花の間に両性花が隠れているものを「手まり型」、装飾花が周辺部だけにあるものを「ガク型」として、花形を区別しています。なお、育て方は同じになります。

アジサイの特徴

梅雨の時期に庭を明るく彩ることが出来るアジサイ。丈夫で育てやすく植物となっていますが、乾燥に弱いのが特徴になります。ですが、水やりにしっかりと注意をすれば簡単に育てることが出来るでしょう。基本的にやや湿り気のある土壌を好んで、土壌の酸性度によって色が変化します。なお、アジサイを育てる際は前もって育て方やお手入れの方法などを正しく理解して行なうと綺麗に咲かすことが出来ますよ。

広告募集中